2017-04-07

【ミッドナイト・イン・パリ】ウディ・アレンがパリに魔法をかけた?!芸術好きなら映画”ミッドナイト・イン・パリ”は絶対見ておくべき

ミッドナイト・イン・パリ

 

 

About

自ら監督、脚本、そして主演まで勤めて成功した数少ない映画人として有名なウディ・アレンの監督作。
真夜中のパリを歩いていたら突然自分の好きなパリの時代へとタイムスリップしてしまうファンタジー、パラレルワールドのお話です。

世界中の誰もが憧れる愛と芸術の街パリで、誰もが夢見る時代へとタイムスリップした主人公ギルは憧れの芸術家たちに会い、交流を深めていく中で一体何を得て何を失ったのか。

ストーリーもすごく面白いのですがなんと言ってもとても映像が綺麗でおしゃれ!さすがパリ。。。
音楽もとてもよく、浸れる映画でした。

 

 

2010年夏、ハリウッドの売れっ子脚本家ギルは、婚約者と憧れの街パリにやって来た。それなのにどこか満たされない彼は、本格的な作家に転身し、ボヘミアンな人生を夢見ている。そんなギルが深夜0時を告げる鐘の音に導かれ、さまよい込んだ先は、活気漲る芸術&文化が花開いた1920年代だった!これは夢か、はたまた幻かと驚くギルの前に、次から次へと高名なる人物を名乗る面々と、官能的な美女アドリアナが現れて……。

なんか、もう上映してるとこなさそうだけど。。。w

 

 

Trailer

 

 

おわりに

映画レビューサイトのFilmarksから私自身が書いたレビューをそのまま引用します。w

 

以前から見よう見ようと思っていた作品、なんでもっと早く見なかったのかと後悔するほど面白かったです。ファンタジーというかパラレルワールドのお話で懐古主義ではないですがどこか「わかるわかる」と共感しながら鑑賞できました。
パリの街並み、音楽ともに最高です。

それこそ夜中に、また寝る直前に何度も見ながら寝落ちしたい作品でした。

 

 

関連記事